チーちゃんのくち~口唇口蓋裂

「口唇口蓋裂」をご存じでしょうか?

お母さんのおなかの中で、
赤ちゃんが成長する過程のなかで

赤ちゃんの口もと(上唇・口の中の天井部分)の形成が
うまくいかなかった場合におこる現象なのですが、

日本では500人に1人ぐらいの割合で発症します。

顔に起こる先天異常の中では
最も高い頻度のものの一つなのだそうですが、

顔の目立つ部分の症状ですし、
治療も程度の差はあれ、長期に及ぶ場合が多いです。

チーちゃんのくち


この絵本は、
「口蓋裂」で生まれてきたお子さんを持つお母さんが、
いつか娘が自分の口のことを不思議に思ったとき、
他の絵本を見るときと同じように見て、
楽しく理解していってもらいたい

という思いでつくられた作品です。

主人公のチーちゃんと、
いとこの「ともみ」ちゃん。

自分にあって、ともみちゃんにない口もとの傷。

どうしてなの?

不思議がるチーちゃんに、

お月さまが
お母さんのおなかにいた時のお母さんとチーちゃん、
手術をしたチーちゃんを見せわかりやすく教えてくれます。

読み終わると、
手術の傷も、なんだか愛おしく感じてくる。
そんなあたたかい気持ちになれる絵本です。

★タイトル:チーちゃんのくち

★文と絵:わたなべ まみ

★監修:日本口蓋口蓋裂協会

★発行年:2005年9月

 

へいわってすてきだね



へいわってすてきだね [ 安里有生 ]


感想(0件)

この絵本は沖縄で暮らす小学一年生の安里有生くんが書いた詩に
長谷川義文さんが絵を描いています。

有生君は小学校で平和について学び、
その感想を詩にしました。

『へいわってなにかな。ぼくはかんがえたよ。』
という言葉からはじまる詩に、ぐんぐんひきこまれます。

「へいわってすてきだね」の続きを読む…

おこだでませんように~お子さんの心の声に耳をかたむけて



おこだでませんように [ くすのきしげのり ]

価格:1,620円
(2014/5/13 15:05時点)
感想(240件)

お子さんの行動をただ単純に見ただけで、
「この子はこういう子なんだ」と決めつけていませんか?

子供は親が思っている以上にいろいろと考えています。

日常の忙しさのあまりに、子供達の小さな心のサインを見逃してしまうことは多いもの。
「おこだでませんように」は、
大人のささくれた心に一石を投じてくれます。

「おこだでませんように~お子さんの心の声に耳をかたむけて」の続きを読む…

ほんとうのことをいってもいいの?~言っていいことと悪いことが分からないお子さんへ



ほんとうのことをいってもいいの? [ パトリシア・C.マキサック ]


感想(8件)

お母さんが『嘘はダメ』というから、
本当のことだけを言うようにしたのに、
本当のことを言いば言うほど、友達が私から離れていくのはなぜなの・・・?
どうして、みんな口を聞いてくれないの?
私はどうしたらいいの?

そんな少女リビーの心の叫びが伝わってきます。

「ほんとうのことをいってもいいの?~言っていいことと悪いことが分からないお子さんへ」の続きを読む…

とけいのほん 1 ~時計を意識するように



とけいのほん(1) [ 松井紀子 ]


感想(159件)



「時計」を意識することは、生活のリズムを整えることにつながります。
「とけいのほん」を読み聞かせすると、
幼児さんにはまだ難しい「時計」を自然に意識するようになります。
時計の導入にぴったりだと思います。

「とけいのほん 1 ~時計を意識するように」の続きを読む…

ぼくはいかない~消極的なお子さんに



ぼくはいかない [ 柴田愛子 ]


感想(0件)

地域のイベントなどに積極的に参加できる子もいれば、
尻ごみをしてしまう消極的なお子さんもいます。

親としては、子どもには視野を広げるためにいろいろなことにチャレンジしてほしいものですが、
無理やり参加させるわけにもいかず・・・。

そんな親子におすすめなのが、『ぼくはいかない』です。

「ぼくはいかない~消極的なお子さんに」の続きを読む…

あいさつが楽しくなる絵本~こんにちは くまくんの絵本



こんにちは [ 渡辺茂男 ]


感想(3件)


「あいさつ(挨拶)することって、とても大切なことみたいだけれど、
私には、まだよくわからないな。」
そんな小さなお子さんに読んであげてほしい一冊です。
きっとあいさつすることが好きになりますよ。

「あいさつが楽しくなる絵本~こんにちは くまくんの絵本」の続きを読む…

自己肯定感を持たせてくれる絵本~かみさまからの おくりもの



かみさまからのおくりもの [ 樋口通子 ]


感想(116件)


人を愛するには、まず、じぶんを愛することからはじめましょう。
「あなたはあなたで、そのままの自分でいいのだ」と、絵本が優しく教えてくれます。

「自己肯定感を持たせてくれる絵本~かみさまからの おくりもの」の続きを読む…

がっこうでトイレに行けるようにしたい!和式便器の使い方

【作品名】がっこうでトイレにいけるかな?【絵】せべまさゆき【文】村上八千世 
がっこうでトイレにいけるかな? 最近、小学校などで、
トイレに行けない子供が多発しているということを
聞いたことがありませんか?
この絵本は、学校のトイレに行けるようになった!
和式便器が使えるようになったと評価されています。

「がっこうでトイレに行けるようにしたい!和式便器の使い方」の続きを読む…

パパとお風呂が楽しくなる

【作品名】おふろだ、おふろだ!【文】わたなべしげお【絵】おおともやすお 
おふろだ、おふろだ! ママが子供をお風呂に連れてきて
パパがあらってあげるというストーリー。
最後はパパと湯上りの一杯と、絵本タイムです。
パパとのお風呂が苦手なおこさんに
おすすめです。

「パパとお風呂が楽しくなる」の続きを読む…

便器でトイレができるのは人間だけ!励ましの本

【作品名】みんなで トイレ【作】アンドレア・コーニックスロウ【訳】藤田千枝 
みんなでトイレ いろんな動物たちが登場して、
トイレを使おうとするけれど、
いろんなハードルがあって・・・。
便器でトイレができるのは人間だけだよ。
がんばろうねっ。というメッセージが伝わってきます。

「便器でトイレができるのは人間だけ!励ましの本」の続きを読む…

歯の上手な磨き方を覚える

はみ
<td width=

はみがきしましょ [ レスリ・マガイア- ]

価格:1,296円
(2014/5/13 15:47時点)
感想(5件)

 

いろんな動物達の飛び出る口と
動かせるハブラシと、歯の磨き方が
掲載されたしかけ絵本です。

実際に歯の絵を磨く練習ができるので、
子供も大喜び!この絵本はすごいですよ~!!

「歯の上手な磨き方を覚える」の続きを読む…

いちばん たいせつな ともだち

【作品名】いちばんたいせつなともだち【作・絵】ドーン・アパリー【訳】垣内磯子 
いちばんたいせつな ともだち くまの「くぅ」と、うさぎ「ひなぎくちゃん」の
友情物語です。
強い友情に、心があたたまります。
離れていても友達は友達。
そんなあついメッセージが伝わってきます。

「いちばん たいせつな ともだち」の続きを読む…

プロフィール

当サイトをご訪問くださり、ありがとうございます。

管理人「さくら」と申します。

昔から絵本が大好きだった私ですが、
娘が生まれてからは、さらに拍車がかかり、
今では我が家の蔵書は500冊を突破いたしました。

いつか集めた大切な絵本達と、
ワゴンで移動するミニ図書館のような物が作れたらなぁと思っています。

このサイトでは、
私と娘が所蔵する絵本の中から、

「子供のできることを増やす絵本」
「子供の生活を間接的にサポートしてくれる絵本」
をテーマにして

機能をもった絵本を紹介しています。

「育児やしつけを絵本を通して、行っちゃおう!」という企画です^^
私が選んだ絵本が、
親御さんやお子さんの生活にエッセンスになれば、とても嬉しいです。

おねしょをしたときに

【作品名】ノンタン おねしょで しょん 【作・絵】キヨノ サチコ 
おねしょで しょん 夜、オムツを卒業しパンツになったものの
失敗することは誰にでもあること!
おねしょしたって、おひさまが乾かしてくれるよ。
大丈夫だよ。というメッセージを
伝えてくれる一冊です。

「おねしょをしたときに」の続きを読む…

おはようからおやすみなさいまで

【作品名】こぐまちゃんおはよう【作】わかやま けん 
こぐまちゃんおはよう 顔をあらうことから始まり、
最後は、おやすみなさい
で終わるこの絵本は
こぐまちゃんの日常生活を、
わかりやすく表現しています。
生活習慣のリズム作りに活用できます。

「おはようからおやすみなさいまで」の続きを読む…

わらべうたのリズムが眠りにさそう・・・

【作品名】さよなら さんかく またきて しかく【文】松谷みよ子【絵】上野紀子 
さよなら さんかく またきて しかく ♪さよなら さんかく
またきて しかく
しかくは おふとん♪
昔なつかしの「わらべうた」が絵本に。
最後の「♪みんな ねんね」が優しく眠りに誘います。

「わらべうたのリズムが眠りにさそう・・・」の続きを読む…

お風呂が大・大・大好きになる絵本

【作品名】わにわにのおふろ【文】小風 さち 【絵】山口 マオ 
わにわにのおふろ 思わず「ぷぷぷっ」と吹き出してしまう
主人公のわにわにのお風呂シーン。
これを読めば、お風呂が大・大・大好きになりますよ。
絵も独特ですが、文も独特です。
音の表現がとてもおもしろいですよ。

「お風呂が大・大・大好きになる絵本」の続きを読む…

ハミガキも、うがいも、好きになる



はみがきあそび [ 木村裕一 ]


感想(1件)


【作品名】はみがき あそび 【作者】きむら ゆういち

はみがき あそび あそびながら
ハミガキが好きになる絵本です。
最後に、「くちゅくちゅ ぴょー!」
という、うがいのシーンもあります。
うがいの練習にもなります。
楽しいしかけ絵本です。

「ハミガキも、うがいも、好きになる」の続きを読む…

ハミガキ嫌いなお子さんに、ハミガキの楽しさを教えてくれる。



ノンタン はみがきはーみー [ キヨノサチコ ]


感想(222件)

ハミガキが苦手なお子さんにぜひぜひおすすめしたいノンタンの絵本。
読み終わったあとにお子さんが
「ママ~!歯ブラシちょうだい!」と思わず言ってしまう
そんなすごい歯磨きのための生活絵本です。
「はみがき はーみ」というネーミングもかわいらしくて、
ノンタン絵本の独特のリズムが子供達を魅了してくれます。

「ハミガキ嫌いなお子さんに、ハミガキの楽しさを教えてくれる。」の続きを読む…

おだやかな眠りをさそう絵本

【作品名】おやすみなさい おつきさま
【作】マーガレット・ワイズ・ブラウン【絵】クレメント・ハード【訳】せたていじ 
おやすみなさい おつきさま 緑の部屋で眠りにつく、うさぎさんのお話。
部屋の中のありとあらゆるものに、
「おやすみなさい」と語りかけていきます。
絵本が終わったら、子供の寝室にある物達にも
「おやすみなさい」と言ってあげるといいですね。

「おだやかな眠りをさそう絵本」の続きを読む…

洋服を自分で着られるようになる~どうすればいいのかな?



どうすればいいのかな? [ 渡辺茂男 ]


感想(25件)


子供って、シャツをズボンにしちゃったり、
パンツをかぶってみたり(うちの子だけですか?)
そんな時期がありますよね。
この時期におすすめなのが、この絵本です。
くまさんが、上手なお手本を見せてくれます。

「洋服を自分で着られるようになる~どうすればいいのかな?」の続きを読む…

夜なかなか寝付けないお子さんに

【作品名】トーマスぼうや【文・絵】グニラ・グォルデ【訳】つばきはら ななこ 
トーマスぼうや 夜になっても、とんだり、はねたり。
そんな元気なお子さんにぴったりの一冊。
眠れないトーマスに、
お母さんが絵本をよんであげるシーンがあるので、
トーマスもねたよ♪一緒に寝ようねと語りかけてあげましょう。

「夜なかなか寝付けないお子さんに」の続きを読む…

おひさま あはは

【作品】おひさま あはは【作】前川かずお 
おひさま あはは 動物・植物・人間、「みんな あはは」!
表紙どおりの笑顔が並んだ絵本です。
生命力あふれる内容で、
嫌なことや、悲しいことを
ふきとばしてくれることでしょう。
親子でいっしょに「あはは」をしましょう。

「おひさま あはは」の続きを読む…

どうぶつのおかあさん



どうぶつのおかあさん [ 小森厚 ]


感想(15件)


写真のような動物の親子の絵が親子の絆のあたたかさ大切さを子供達に
簡潔につたえてくれる一冊です。
読み終わった後に、
「おかあさんは●●ちゃんを抱っこしてはこびます。」
「●●ちゃんはおかあさんと手をつないで歩きます」
などとオリジナルの言葉を付け足してあげるといいですね。

「どうぶつのおかあさん」の続きを読む…

自分で服をぬいでお風呂に入れるようにしたい

【作品名】そら はだかんぼ!  【作者】五味 太郎 さん 
そら はだかんぼ! お風呂に入るために、服を脱いでいくと
ライオンがクマに
クマが「たろう君」に・・・。
そして、最後はお風呂へどぼん!
そして、いっぱいアワアワに・・・。
予想外の展開に、子供も大人もびっくり!

「自分で服をぬいでお風呂に入れるようにしたい」の続きを読む…

不思議な絵と、独特なテンポで眠りにさそう

【作品名】めの まど あけろ【文】谷川俊太郎 【絵】長 新太 
めの まど あけろ 不思議な絵の中におもわず引き込まれてしまう一冊。
お話にリズムがあって、はぎれがよい。
最後の3ページが眠りのシーンになるので、
だんだんゆっくりと、
眠りに誘うように読み聞かせるといいでしょう。
「ゆめのてれび」で素敵な夢が見られるはず・・・。

「不思議な絵と、独特なテンポで眠りにさそう」の続きを読む…

ピッキーとポッキー

【作品】ピッキーとポッキー【文】あらしやまこうざぶろう【絵】あんざいみずまる 
ピッキーとポッキー 「すかんぽの歯ブラシ」「れんげのサンドイッチ」
「きのみのジュース」「にんじんのはっぱまき」
自然界の物がたくさん登場します。
1度読んだら、忘れられない一冊となりそうです。

「ピッキーとポッキー」の続きを読む…

おむつにさよならしたい! (オマル派におすすめ)

【作品名】うんちがぽとん 【絵・文】アロナ・フランケル 【訳】さくま ゆみこ 
うんちがぽとん おばあさんにもらったオマル
(どうみても花瓶なのですが・・・)
に座り、でたかな?まだまだ?でたかな?まだまだ?・・・
このシーンを臨場感あふれるようお話しましょう
おしっこにもうんちにも対応してます。

「おむつにさよならしたい! (オマル派におすすめ)」の続きを読む…

野菜嫌いのお子さんに その1

【作品名】ちいさな たまねぎさん  【作者】せな けいこ さん 
ちいさな たまねぎさん ネズミ狙われたじゃがいもさんを、
にんじんや、たまねぎや、ヤカンさん達が
必死で助けます。
野菜たちの優しさや、健闘ぶりをドラマチックに
伝えましょう。
野菜たちを好きになりますように!

「野菜嫌いのお子さんに その1」の続きを読む…

はじめてのトイレトレーニングに~ノンタン おしっこ しーしー



ノンタン おしっこしーしー [ キヨノサチコ ]


感想(403件)

子供のトレイトレーニングは気楽に気長に行うのがベスト。
まずは絵本で「オムツ」から「トイレ」への意識改革を!
ノンタンとそのお友達のいろいろなトイレシーンがあり
読んでいるうちに自分(人間)のトイレに興味がでてきますよ。

「はじめてのトイレトレーニングに~ノンタン おしっこ しーしー」の続きを読む…

はらぺこ あおむし

【作品】はらぺこ あおむし 【作】エリック=カール 【訳】もりひさし 
はらぺこ あおむし あまりにも有名な絵本ですが、
その華やかな色調
子供の興味をくすぐるしかけ、
いもむしが、綺麗な蝶に変身するまでのストーリなど、
すべてが、イキイキとしており、
生命感あふれる一冊です。

「はらぺこ あおむし」の続きを読む…

果物が苦手なお子さんに

【作品名】くだもの  【作者】平山和子さん 
くだもの お皿にのった美味しそうな果物を、
大人が手でつまんで、
子供の口元にはこぶフリをしましょう。
子供達はきっと、大きなお口をいっぱいにあけて、
美味しそうにほうばるマネをしてくれるはず。
とても美しい絵なので、きっと果物が好きになります。

「果物が苦手なお子さんに」の続きを読む…

きゅっ きゅっ きゅっ 

離乳食がはじまる前から
ぜひ読んであげて欲しい一冊です。



きゅっきゅっきゅっ

お口が汚れたら「きゅっきゅっきゅっ」
口をふかれるのを嫌がらなくなったり、
ぬいぐるみ達にも「きゅっきゅっきゅっ」と
思いやりの心が自然と育ちます。

「きゅっきゅっきゅ」を親子の合言葉にしちゃいましょう♪♪

林明子さんのあたたかいイラストに
親子でほっこりの大切な一冊になると思います。

 

【あらすじ】
子供とウサギとクマとネズミが登場。
「あっ ねずみさんが こぼした おなかに こぼした」
「ふいてあげるね きゅっ きゅっ きゅっ」
その後は、ウサギがこぼし、クマがこぼし、
最後は自分がこぼしちゃった~。

そしたら、ママが「きゅっ きゅっ きゅっ」で
ごちそうさまです。

赤ちゃん用の本なので、
0歳から読んであげて、
スプーンがもてるようになったら、

食事のあとに、口の周りを「きゅっきゅっきゅっ」
とやってあげるといいですね。

最後にお子さんも「きゅっきゅっきゅっ」としちゃいましょう。笑

 

★作:林明子

★発行所:福音館書店

★発行:1986年6月