ほんとうのことをいってもいいの?~言っていいことと悪いことが分からないお子さんへ



ほんとうのことをいってもいいの? [ パトリシア・C.マキサック ]


感想(8件)

お母さんが『嘘はダメ』というから、
本当のことだけを言うようにしたのに、
本当のことを言いば言うほど、友達が私から離れていくのはなぜなの・・・?
どうして、みんな口を聞いてくれないの?
私はどうしたらいいの?

そんな少女リビーの心の叫びが伝わってきます。

★タイトル :ほんとうのことをいってもいいの?

★文:パトリシア・C・マキサック

★絵:ジゼル・ポター

★訳:ふくもと ゆきこ

★発行所:BL出版株式会社

★発行年:2002年

—————————————————

何でもかんでも思ったことを、ずけずけと言ってしまうお子さんにおすすめの一冊です。

自分が友達に嫌なことを言っているのだけれど、
自分は嫌なことをいったつもりは全くないので、自分の何が悪いのかさっぱりわからない。

そんなリビーにママは

『ほんとうのことを、いわなくていい時にいってしまうことがあるのよ。
いいかたが悪かったり、いじわるでいってしまったりね。

そうしたら人をきずつけてしまうの。
でも、おもいやりをもってほんとうのことをいうのは ただしいことなのよ』
とアドバイスします。

そして、その後、逆に自分が嫌なことをいわれて自分を反省するリビー。

リビーはお友達にあやまり、社会性を身につけていきます。

 ※子供達の中には気遣いができてもよい年頃なのに、
「空気がよめない」「他人の心がわからない」子供達が存在します。

時には、「アスペルガー症候群」と診断がつくこともあります。
※この場合は脳の病気です。それでも訓練によって少しは一般に近づけることができます。

そんな子供達にも、この絵本はおすすめです。