とけいのほん 1 ~時計を意識するように



とけいのほん(1) [ 松井紀子 ]


感想(159件)



「時計」を意識することは、生活のリズムを整えることにつながります。
「とけいのほん」を読み聞かせすると、
幼児さんにはまだ難しい「時計」を自然に意識するようになります。
時計の導入にぴったりだと思います。

★タイトル :とけいのほん 1

★さく:まつい のりこ

★発行所:福音館書店
幼児絵本シリーズ

★発行年:1993年

——————————————————————-
大きな針と小さな針の「ちび」と「のっぽ」が、
どんぐりぼうや達に「いま なんじか おしえてくれたら とおしてあげる」と
道をとおせんぼ。時計を作りながら道を一緒に進んでいきいます。

かわいいながらもシンプルなキャラクター達が、
時計の読み方を優しく教えてくれます。

小さいお子さんには、最初は少し難しく感じるかもしれませんが、
何度も何度もくりかえし読むうちに理解できるようになってくると思います。
続編のとけいのほん(2)もとても評判がよいのでぜひお試しください。