がっこうでトイレに行けるようにしたい!和式便器の使い方

【作品名】がっこうでトイレにいけるかな?【絵】せべまさゆき【文】村上八千世 
がっこうでトイレにいけるかな? 最近、小学校などで、
トイレに行けない子供が多発しているということを
聞いたことがありませんか?
この絵本は、学校のトイレに行けるようになった!
和式便器が使えるようになったと評価されています。

■あらすじ
トイレの国の学校のお話です。
最初から最後まですべてトイレにまつわるお話。
和式便所はどうやって使うのか→かえるのポーズ
うんちがはみ出さないコツは?→トイレのぼうしの横に足の先を合わせて座る
うんちがはみ出したらどうするのか?→紙でふく
トイレに行きたくなったらどうするのか?→手をあげて元気にいってみよう!
など、素朴な疑問を優しく楽しく解説してあります。
巻末には、巨大ポスターが折り込んであります。
なんと原寸大の和式便器です。
これで練習もしっかりできますね♪
■私の感想
これは凄い・・・。
というのが最初の感想でした。
これがあれば、和式便器もへっちゃらになれそうな、
充実した内容でした。
細かく丁寧に優しく面白く描かれているので、
子供はきっと楽しんで、和式便座を使ってくれるのでは
ないでしょうか?
小学校入学前の準備として、
小学校入学後のトレーニングとして、
とても役立つ絵本だと思います。
■発行所 ほるぷ出版
■発行 2004年8月