お風呂が大・大・大好きになる絵本

【作品名】わにわにのおふろ【文】小風 さち 【絵】山口 マオ 
わにわにのおふろ 思わず「ぷぷぷっ」と吹き出してしまう
主人公のわにわにのお風呂シーン。
これを読めば、お風呂が大・大・大好きになりますよ。
絵も独特ですが、文も独特です。
音の表現がとてもおもしろいですよ。

■あらすじ
主人公のわにわにが、
お風呂に入るようすが描かれています。
じゃぐちを、「きゅるり きゅるり きゅるり」とひねったり、
おもちゃを「ぽくんぽくんぷくん」と浮かべたり、
「じょろろーん」ごお風呂に飛び込んだり。
洗面器を頭にかぶってシャワーをするシーンでは
歌をうたいながら、
「うり うり うり うり オーイェー」
こんな愉快な楽しいお風呂の様子がかかれた絵本は、
他にはないと思います。
■私の感想
この本も、
お風呂で顔に水がかかることを嫌がる2歳の娘のために
購入しました。
実は、このワニの絵、
ちょっと独特なので、
怖がるかなと思っていたのですが、
そんな心配は無用でした。
この絵のユニークさと、
効果音の独特さが、
娘の興味をおもいっきりひきつけ、
あっという間に、大好きな本の仲間入りに。
お風呂が苦手な子にはぜひぜひ
読んであげて欲しいです。
ただ、最後のシーンで
わにわにが
お風呂上りにストーローで何かを飲んでいるシーンがあるのですが、
どう見ても、オレンジジュースを飲んでいるとしか思えない。
「●●ちゃんもワニワニする!」という娘に、
あれは「お茶なの!!」と言い聞かました。
最近の娘は、
毎日お風呂あがりに、ストローでお茶を飲んでは喜んでいます。
■発行所 福音館書店
■発行 2004年10月
■2才~4才向きと記載あり