チーちゃんのくち~口唇口蓋裂

「口唇口蓋裂」をご存じでしょうか?

お母さんのおなかの中で、
赤ちゃんが成長する過程のなかで

赤ちゃんの口もと(上唇・口の中の天井部分)の形成が
うまくいかなかった場合におこる現象なのですが、

日本では500人に1人ぐらいの割合で発症します。

顔に起こる先天異常の中では
最も高い頻度のものの一つなのだそうですが、

顔の目立つ部分の症状ですし、
治療も程度の差はあれ、長期に及ぶ場合が多いです。

チーちゃんのくち


この絵本は、
「口蓋裂」で生まれてきたお子さんを持つお母さんが、
いつか娘が自分の口のことを不思議に思ったとき、
他の絵本を見るときと同じように見て、
楽しく理解していってもらいたい

という思いでつくられた作品です。

主人公のチーちゃんと、
いとこの「ともみ」ちゃん。

自分にあって、ともみちゃんにない口もとの傷。

どうしてなの?

不思議がるチーちゃんに、

お月さまが
お母さんのおなかにいた時のお母さんとチーちゃん、
手術をしたチーちゃんを見せわかりやすく教えてくれます。

読み終わると、
手術の傷も、なんだか愛おしく感じてくる。
そんなあたたかい気持ちになれる絵本です。

★タイトル:チーちゃんのくち

★文と絵:わたなべ まみ

★監修:日本口蓋口蓋裂協会

★発行年:2005年9月

 

コメントを残す




CAPTCHA